ハッピーオフィスProject

ハッピーオフィスProject 〜 京都大学 健康科学センター 様での研修〜

暮らしデザイン研究所ではこれまで、講師など伝える側に立つ方に向けて、「場づくり」の大切さをお話ししてきました。

科学技術の急速な発展に伴い様々なことが大きく変わりつつある世の中だからこそ、集まった皆さんと一緒に「その場を作ってゆく」ことの大切さに共感し、リアルでの交流にこれまで以上の意義を見出している方も多いと思います。

なにより、場作りを意識することで、伝える側自身が「楽しい!」と感じられるようになってゆきます!

この場づくり、「場をファシリテート」する手法は、1970年代の国際会議から用いられるようになったと言われていて、欧米ではすでに専門職として企業の会議に関わるなど、職業としても確立しています。

日本では行政分野や教育分野、そして研究所のようなNPOでは早くから活用されているので、そうした場に関わった経験がある方には親しみのある言葉ではないでしょうか。

こうした背景と、研究所スタッフの20年を越すファシリテーターとしての実績や、行政と密接に関わる「まちづくり」や「市民活動」分野での豊富な経験を元に、今年度からハッピー・ファシリテーター養成講座をスタートしました!

研究所のハッピー・ファシリテーター養成講座は、対象となるコミュニティにより2段階。

コミュニケーションの活性化の先に、個人を幸せに導く「ハッピーライフ研修」と、持続可能な社会を目指すSDGsや企業の社会的責任CSRについての知識と実践ワークで進める「ハッピーオフィス研修」の2つです。

ファシリテーターは、知識を伝える技術の「講師」と違い、なんとなく進んでいる印象があるので、何を学ぶんだろう?と思われる方もいるかもしれません。

その場で必要とされる知識は、ファシリテートする場の目的によりその一部を使いますが、実はコミュニティや社会政策など幅広く様々な知識を持っていて、事業の受託から終了後のアンケートの分析まで講座や研修の運営全般が対象となります。

良いファシリテーターになるためには、実践と社会の動きに関心を持ち続けることが欠かせませんが、その入り口となる初歩的な知識と実践ワークの場がこの研修になります。


講座延期のお知らせ

2020年度 春期開講を予定していた以下の講座は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、秋期に延期することになりました。
すでにお申し込みされた皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【新講座】整理収納術でハッピーオフィス
京都市 & ラボール 学園(公益社団法人京都勤労者学園)主催

http://urx.red/XRMR