高齢者の整理収納サポーター養成講座基礎講座講師の村松淑子(石川県)です。
リレーコラム、遅くなってすみません。
リレーといえばオリンピック、男子400mリレー凄かったですね!
日本中が彼らに元気をもらったのではないでしょうか。

同じリレーでも超マイナーな話で恐縮ですが、昨年地域の運動会でお隣の70歳の奥さんが地区対抗リレーに出場されました。
70歳の女性が走れるのかと思われるでしょうが、この方は毎朝ランニングを欠かさず国内外のマラソン大会や徒競走にも出場されるという超元気な方なんです。

そんな元気な方なので普段の生活もシャンとしています。
お庭の手入れ一つとっても我が家と大違いで雑草なんて生えてるのを見たこともないですし、朝は5時前から起きてて朝食のおかずのいい匂いが風に乗って運ばれてきます。
ヘアスタイルもいつも気を配られているのがわかりますし、お家も玄関を見る限り整った印象です。
そんなお隣さんを見ながらいつも思うのは、私が70歳になった時そんな暮らしができるだろうかということです。
答えは70歳どころか現時点で無理でそうです。
肉体的な面はもちろんですが精神力の差が違うような気がします。

オリンピックを見ていても体力や技術だけでなく精神力が勝敗を決めるのがよくわかりますが、それは普段の地道な練習から培われるものだと思います。
暮らしの中で齢をとってできないことが段々増えてくると、いろんなことが面倒になりやるべき日常のあれこれをサボってしまうようになりますが、そんな時こそちょっとだけ頑張って部屋を片付けてみたり雑草取りをやってみたいものです。
やったらやった分だけ目に見えて違いを感じるそんな作業は、できないできないで崩れていく日常を気持ちから立て直してくれます。

お隣の奥さん、今年も能登から小松まで歩く100㎞歩行大会に出場するそうです。
私は陰ながら応援し、庭の草むしりでもしようと思います。

————————————————

元記事:2016/8/23  Facebookページ「高齢者の整理収納サポーター」


お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ