先日、昨年度は事務方の基盤づくりの一年でした!と書きましたが、今回は今年度の課題について。。

 

組織のベースづくり

研究所はNPO法人なので、法律で規定されていることが色々あります。

法律で規定されている代わりに、経営の素人でも初年度から運営に関わる書類を作成できるよう、所轄庁のホームページには必要書類のフォーマットが用意され、NPO支援のための民間窓口も無料で利用することができます。

 

各種フォーマット

 

こうした無料の相談窓口があっても、相談にのっていただく職員さんは事業者ではないので、私の場合はさらに、知り合いの行政書士さんや法学部出身の関係者の皆さんに随分とお世話になりました。

定款変更なども、最初のうちは行政文書を見ただけで頭痛すら覚えていましたが、皆さんのおかげで、設立から2年経つ頃には補助金に頼らない団体のための定款を8ページにまとめることができました。

どんな組織も立ち上げてしばらくは、その組織のミッションや事業内容に沿ったベースを整えるのに時間が必要です。

 

人のプロファイルと組織サイクル

法人を設立してしばらくしてから、

一般社団法人日本適性力学協会が普及させている「ウェルダイナミクス理論」の入門セミナーに参加したことがありました。

ウェルダイナミクス理論は、人の強み8つを「クリエイター」「スター」「サポーター」「ディールメーカー」「トレーダー」「アキュムレーター」「ロード」「メカニック」にプロファイルして見るのですが、私が面白いと思ったのは、これらを繋げて一つの流れとして見ているところです。

一人一人の強みに流れをつくることで、組織にはそれぞれの人材が必要であることを説明しているのです。

 

さらに講師の男性はこんな紹介もしていました。

この8つは、組織が踏んでゆくステップも同じです、と。

 

↓ 詳しくはコチラ(無料の簡易診断もあります) ↓

WEALTH DYNAMICS

 

業務を継続的に改善する手順の「PDCA(Plan→ Do→ Check→ Act)サイクル」を詳しくしたステップともいえるでしょうか。。

こんな風に、組織にもその成長に応じた段階があります。

 

今年度の重点課題

昨年度は、当研究所の2つの養成講座のうち、軸となる理論の普及啓発を行う〈基礎研修〉の発達障害部門と高齢者部門のそれぞれの認定講師が、ようやく出揃った年度にもなりました。

ありがたいことに、今年度もすでに講師を目指したいというサポーターさんからの声をもらっています。

また、昨年度下半期から復活させた、起業セミナー「あなたにも必ずできる!〈入門編〉開催のための6ヵ月講座」に参加して頑張っている人もいます。

 

クリックすると、ホームページにリンクしています

 

起業する、自分で仕事をするということは、組織であればパートごとの受け持ちですむことを、全て一人で進めることですので、なかなか大変!

私も今になって振り返ると「わからないことが、わからなかった」というのと、色々な手続きも次々に新しくなるITツールも、一つ一つを短期間で理解しながら業務を進めることに必死な毎日でした。。

 

自作のチラシ。周りからの要望もあり、自分の強みはなんでも講座にしていました。

 

私と同じように必死で乗り越えてしまう人たちは、「自分がしたいこと」「なりたい姿」がイメージできているから、目の前の課題に対して、まずはやってみる。

そして、周りに助けてもらいながら、頑張れるのです。

 

だから、「発達障害住環境サポーター」「高齢者の整理収納サポーター」の起業をサポートする、これが研究所の今年の重点課題です。

サポーター資格取得をしたばかりの方には、無料コンサルティングも行います。

4〜6月の3ヵ月間を、ぜひ活用してくださいね!

 

* 2017年度上半期に資格取得した人も希望があれば受け付けますよ〜 *

 

 

↓ 無料コンサルティングのお申し込みはコチラ ↓

活動や起業に不安がある方へ

 


お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ