発達障害住環境サポーター養成講座〈基礎研修〉認定講師の西本雅則です。

最近発達障害という言葉を 新聞記事や SNS で頻繁に見かけるようになりました。

2,3年前は「発達障害ってなに?」という周 囲の反応でしたが、今では認知度が上がったと思います。

しかし、発達障害のある方が、どのような暮 らし方をされていて、何が困りごとなのかは、まだまだ社会の理解を得られていないと感じています。

今、暮らしデザイン研究所で取り組んでいることは、発達障害の診断を受けた方や、特性が見られる方 で「部屋が片付かない」方の実態調査を実施しています。

自分や家族だけでは対応できないケースの相 談が増えてきましたが、公的なサービスには「発達障害の特性に合わせた整理収納の支援」が無いのが 実情のようです。

通院での治療や通所での心のケアは行われていますが、自宅のモノの片づけへのサポ ートも必要ではないでしょうか?

発達障害住環境サポーター養成講座〈基礎研修〉では発達障害の基 礎知識と特性に合わせた整理収納の進め方をカリキュラムとしています。

「身近で困っている人のサポ ートをしたい」、「自分も困っているので情報が知りたい」方の受講をお待ちしております。

————————————————

元記事:2016/12/7  Facebookページ「発達障害住環境サポーター」

 

↓ 養成講座のご案内はコチラから ↓

RS_2_basic

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ