発達障害住環境サポーター養成講座

誰もがありのままで活躍できる社会を目指して

住まいから職場までの合理的配慮を提案できる

サポーターになりませんか?


学齢期のステージ別目標を短時間で知ることができます

入門編

発達障害の脳の特性と整理収納の基礎知識を学びます

基礎研修

地域社会との連携を目指したカリキュラムで、資格取得後は入門編が開催できます

上位研修

講師に認定されると基礎研修が開催できます

講師研修

基礎研修

この〈基礎研修〉は、発達障害児・者やグレーゾーンの人を支援する前の自分自身のスキルアップのための研修です。

1日5時間で、発達障害の基礎知識と特性に合わせた住環境整備の基礎知識を習得します。

支援者を目指す人は〈上位研修〉へと進んでサポーターになり、サポーター専用サイトで情報を共有しながら活動を継続しています。

「整理収納 x 福祉」について浅く広く知りたいという人も多く、研究所で実施している〈基礎研修〉に順次参加される人もいます。

教材:公式テキスト「発達障害住環境サポーター養成講座」

参加者の声

_______________________________________

合理的配慮の環境整備に活用したり、自分自身の講師の仕事でアウトプットしたい。

相談支援専門員(大阪)

知識的には知っていましたが、今日の講座を受けとても生活との結びつきを感じました。

元支援学級教員(福岡)

大学時代の恩師が、常々、子どもは家庭と地域と学校の3者で育てるものだと言っておられたことを想い出し、そんなふうに接して行けたらよいと思いました。

家事代行業(滋賀)

障がいは個性、見方によってマイナスにもプラスにもなること。

整理収納アドバイザー、障害者のご家族(大分)

☆ このような方が受講されています ☆

福祉サービス事業所の支援者で住環境整備について課題を感じておられる方

現役の教員、または支援学級教員の方

依頼者に発達障害、またはグレーゾンの方も多い整理収納分野の方

片づけが苦手な子どもの子育て経験を活かした支援を考えておられる方

カリキュラム

_______________________________________

オリエンテーション

時代背景 / サポーターとしての役割 / 参加者の自己紹介

発達障害の基礎知識

脳の特性(ASD・ADHD・LD)/ 感覚統合 / 二次障害 / ワーク1・2

発達障害の特性に配慮した整理収納

整理収納の概念 / 特性に配慮した整理収納(基礎理論・応用・実例)/  ワーク3

ワークショップ

あなたが配慮できることは何ですか?

ddl

副教材:リーフレット「発達障害って、なに?」

※ 研修を終えられた方には、修了証が発行されます
※〈基礎研修〉修了後には〈上位研修〉にも参加できます

日程

_______________________________________

日程 地域 お申込み先講師
2018/5/24(木) 群馬 久保かをる
2018/6/30(土) 東京 久保かをる
2018/7/7(土) 広島 近藤寿美

開催について

_______________________________________

【参加費】 21,600円(内訳:受講料18,000円/教材費2,000円/消費税1,600円)
※ 事前振込み

 

研究所主催の研修は、下記内容で実施します。

【時 間】 10:00 ~ 16:00(昼休憩 1時間)

【対 象】 仕事で必要とされる方、一般
※動画視聴での受講は、「サポーター育成プログラム」お申込みの方になります

【定 員】 12名
※最少催行人数3名

【持ち物】 筆記用具

 

※ 開催会場では、当法人の活動広報や事業報告書等に使用する写真や動画等を撮影する場合があります
※ 事情により、講師は変更になる場合があります
※ 各講師主催の研修については、それぞれのリンク先をご覧ください

 

研  修

 

研修お申込みサイト