「ファシリテーターって、言葉は聞いたことあるけど、学ぶほどのこと?」

「とりあえず進行できれば、ファシリテーターっていうんじゃないの?」

という方に向けて、ハッピーライフ研修の動画視聴ページに載せている導入メッセージを、今回はこちらでもご紹介します。

 

暮らしデザイン研究所の事務局スタッフは全員、市民活動(まちづくり)にどっぷり関わってきているため、ファシリテーターの存在が近すぎて、一般的な認識とのズレをどう埋めたらいいのか、まだ試行錯誤。。

興味がわいたら、明日の「ブランチ勉強会♪」でも、質問をもらえると嬉しいです!

 

11/3 ブランチ勉強会♪ 〜土曜の朝はゆるゆると〜

 

整理収納の観点からすると、コミュニケーションをリアルタイムで整理してゆくのがファシリテーション。

そして、発達障害の視点から言えば、明らかにADHD傾向の方が向いています。

枠に囚われない発想がとても重要で、ゼロから何かを創造できる人には、とても向いている役割といえます。

 

逆に、ASD傾向の理論立てて考える人には、ファシリテーションの考え方を知り、経験を積むことで、これからの時代に必要な要素を身につけてゆくことが可能となります。

 

動画視聴と、実際に会場で実践してもらうワークショップを通して、たくさんの気づきを持ち帰ってくださいね☆

 

↓ 詳細はコチラ ↓

ハッピー・ファシリテーター養成講座

 

 

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ