昨年度、初めて京都の池坊短期大学で開催した「暮らしデザイン研究所 フォーラム」。

サポーターの研修会・交流の場でもある「午前の部」は、北海道や九州からも参加者が!

一般の方も広く受け入れる普及啓発のための「午後の部」では、定員50名を超える参加者となり、会場は終始、熱気に包まれました。

 

2016年度の様子はコチラをご覧ください ↓

暮らしデザイン研究所 第1回 フォーラムのご報告

 

 

続く2回目となる今年度は、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催します。

午前の部では、「事例発表」とポスターセッション「サポーターによる地域活動紹介」をプログラムとして用意しています。

事例発表では、エントリーと合わせて、サポーター資格取得に際して審査した「実践報告レポート」の中から優れたレポートも対象となります。

また、ポスターセッションでは、サポーターがそれぞれの地域社会で活動している様子を発表!

昨年は参加できなかったというサポーターの方や、資格を取得したばかりの方も、ぜひ参加してくださいね。

 

↓ サポーター有資格者が参加できる午前の部はコチラ!エントリーも受付中! ↓

暮らしデザイン研究所 第2回フォーラム

 

午後の部では、トークセッション「時空と人のゆるやかな境界線」と午前の部で選出された「サポーターによる地域活動紹介」、また「〜わくわくな未来をつくる〜 発達障害と環境デザイン」発行を記念した、出版記念トーク「脳機能と整理収納」を行います。

こちらは、住環境や職場環境の整備に関連した支援者を主な対象としていますが、興味のある一般の方でも参加することができます。

養成講座にまだ参加したことがない方も、ぜひお友達とお誘い合わせの上ご参加くださいね。

 

↓ 一般の方も参加できる午後の部の詳細はコチラ ↓

暮らしデザイン研究所 第2回フォーラム 午後の部

 

終了後には、同施設内のレストランで懇親会を予定しています。

仲間との情報交換は活動の第一歩ですので、まだこれから、、という方も気軽に参加してください!!

 

それでは、会場でお待ちしています!

 


お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ