高齢者の整理収納サポーター養成講座

誰もが、いつまでもイキイキと暮らしたい。

そんな願いを住まいのソフトから支える

サポーターになりませんか?


高齢期のステージ別目標を短時間で知ることができます

入門編

高齢期の心身の変化と整理収納の基礎知識を学びます

基礎研修

地域社会との連携を目指したカリキュラムで、資格取得後は入門編が開催できます

上位研修

講師に認定されると、基礎研修が開催できます

講師研修

上位研修

高齢者の整理収納においてキーワードとなる、「自立支援」や「介護予防」の具体例から、一家庭にとどまらない地域連携を目指して学びます。

資格取得者は「高齢者の整理収納サポーター」の肩書きで、高齢者の住まいを支える支援者として全国で活躍しています。

screenshot-5

配布資料:ヒアリングシート

参加者の声

_______________________________________

介護に関わることに関しては、学生時代以来でした。地元に帰って介護職の友人などに聞いたりして、もっと勉強が必要だと感じました。

インテリアコーディネーター(徳島)

地域のネットワークとのつながりを理解し、介護予防に整理収納の必要性を少しでも発信できたらと思います。

ルームスタイリスト・プロ(神奈川)

進行性の疾患の場合、先のことを考えて住環境を整えるという気づきを頂きました。また、「認知症のある人を支援する整理収納」パートでは、実際の症例を聞いてのお話はわかりやすく、あまり変えてもいけないというのはとても大事な気づきでした。

薬剤師(京都)

「ポジティブ心理学」のパートでは、参加型の講義だったので、大変面白く楽しかったです。「強み」を知るということが印象に残り、私自身、人との会話の中で「強み」を発見していきたいと思いました。また、高齢者の方を「主役」にすることが大切だというところも印象に残りました。

介護福祉士・二級建築士(京都)

資格取得後の活動支援

_______________________________________

研究所ではサポーター資格取得後の継続的な活動支援も行なっているため、

活動や仕事への活用もすぐにスタートできます。

小冊子「高齢期のモノと暮らしノート」

リーフレット「整理収納 x 介護予防」

 

サポーターとしての肩書きの活用

サポーター資格を取得すると顔写真入りのカード型資格証が発行されます。

名刺に記載するなど、様々な場面でも活用できます。

 

 専用ページ

ホームページの専用ページにログインすることで、

サポーター有資格者だけが受けられる活動支援の情報が得られます。

 

 Facebookグループの利用

SNS上の非公開のスペースで、

最新情報の共有や活動のサポートが気軽に受けられます。

また、サポーター主体で運営されている、

地域ごとのFacebookグループでの交流もスタートしています。

 

〈入門編〉の開催支援

サポーターの有資格者は、

小冊子と専用パワーポイントを使った〈入門編〉を開催することができます。

そのための解説セミナーにも参加できますので、安心して準備を進められます。

 

教材の頒布

啓発のための配布やミニセミナーでも使える「リーフレット」、

オリジナルセミナーや販促として活用できる「小冊子」、

初心者でもすぐに講座が始められる「マニュアル付きパワーポイント」などを、

オンラインショップで提供しています。

カリキュラム

_______________________________________

1日目

オリエンテーション

高齢者の整理収納サポーターとは / 上位研修の目的 / 主な支援範囲の想定 / 参加者同士の自己紹介

高齢者に多い疾患別にみた住環境整備

骨・関節の病気 / 脳神経系の病気 / 内臓の病気 / 生活不活発病 / 住環境整備の事例

認知症のある人を支援するための整理収納

代表的な4つの認知症 / サポート事例 / サポーターが目指すところ / サポート時の留意点

地域連携を目指そう!

現行制度の情報共有 / 地域連携への課題共有

2日目

ポジティブ心理学

ウェルビーング・ワーク / 実践!ヒアリング

事例ワーク

実例ワーク

ワークショップ

どのようなサポーターになりたいですか?

 

※ カリキュラムは一部変更になる場合があります。

 

サポーター資格について
  
研修修了後に”実践報告レポート”の提出が必要となります。
実践報告レポートの審査を経て、カード型の「資格証」が発行されます。
レポートの再提出で不適合となった場合でも、次回以降に再チャレンジが可能です。
 

日程

_______________________________________

1日目

日程 地域 会場
2017/12/10(日) 滋賀 コラボしが21

※ 1日目は滋賀会場のみの実施となります。参加できない場合は、動画での視聴が可能です。

(動画視聴の注意)

条件:ご利用には、動画を視聴できるインターネット環境が必要です。

期間:現時点では、1日目の実施1週間後からの配信を予定しています。2日目参加日までに必ずご視聴ください。

料金:動画視聴、教材等の発送費用として別途料金を頂戴いたしますが、サポーター資格取得後の「〈入門編〉スターターキット」購入の際に同額のクーポンがご利用いただけます。

 

2日目

日程 地域 会場
2018/1/21(日) 広島 JMSアステールプラザ
2018/2/3(土) 東京 国立オリンピック記念青少年総合センター
2018/2/10(土) 滋賀 コラボしが21

※ ウェルビーング・ワークは、「発達障害住環境サポーター養成講座〈上位研修〉」との合同開催になります。

開催について

_______________________________________

【講 師】
・高齢者の整理収納インストラクター(医療・介護従事者、又は専門の知識を有する者)

【メイン ファシリテーター】
・森下真紀 … 理事長・整理収納コンサルタント
・西本雅則 … 理事・まちづくりコーディネーター

【参加費】 46,440円(内訳:受講料42,000円/教材費1,000円/消費税3,440円)
※ 事前振込み

 

【時 間】 両日、10:00 ~ 16:00(昼休憩 1時間)

【対 象】 〈基礎研修〉修了者 ※〈入門編〉も修了していることが望ましい

※ 当法人の事業実施中の写真・動画等の撮影と、画像をホームページ・パンフレット・事業報告書・広報誌などに、使用することに同意のうえお申込み下さい。

【定 員】 10名
※最少催行人数5名

【持ち物】 〈入門編〉小冊子、〈基礎研修〉テキスト、筆記用具
※ 小冊子は研修申込み時に同時に購入していただくことで、1日目の会場での受け取り(動画視聴の場合は教材に同梱)が可能です